未経験を歓迎している求人は多くある

ゲームプログラマーと聞くと特別なスキルが必要になるイメージがあり、未経験からだとなかなか飛び込みにくいお仕事ですよね。

確かにゲームプログラマーはプログラミングのスキルが必要になり、家庭用ゲームの開発や制作には高度なスキルが必要になります。

しかし、現在のゲーム業界の主流は家庭用ゲームではなく、アプリやソーシャルゲームです。スマホの普及もありスマホで楽しむ事ができるゲームに人気が集まっているんですね。

家庭用ゲームの開発・制作に比べてアプリやソーシャルゲームの開発・制作はそこまで高度なスキルは求められないので未経験からゲームプログラマーへ転職できるチャンスはあります。

実際にゲーム業界の求人に目を通してみると、未経験を歓迎している求人は多くあり、その多くがアプリやソーシャルゲームを開発している企業になるんですね。

経験がなくても制作に携わる事ができるお仕事やイチから教育してくれる企業もあるので未経験からでもゲーム業界に飛び込む事は十分に可能です。

独学でスキルを身に付けて仕事への意欲をアピールする!

また、プログラミングに関するスキルは独学で身に付ける事もできます。

本人の努力次第でもありますが、自分で勉強してスキルを身に付けて実際にゲームを作る事もでき、これをポートフォリオとして就職の武器に使う事だってできます。

ポートフォリオで自分がどれだけのスキルを身に付けているのかを企業側にアピールできれば未経験でも高評価を得る事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

ゲーム業界は比較的、これまでの経歴や学歴よりも仕事への熱意や意欲が重視される傾向にもあるので事前に独学でスキルを身に付ける事ができれば仕事への意欲や熱意をしっかりアピールする事ができますよ。

ゲーム業界の就職に年齢は関係ある?

どの職種でもそうですが、30歳を超えると就職の壁はいっきに高くなるといわれます。

ゲーム業界も同じで人材募集をしている企業の多くが将来性のある20代を優遇する傾向にあり、30歳を超えてしまうと就職はどうしても不利になってしまいますね。

しかし、だからといって30歳を超えると就職ができない訳ではありません。

上記でもご紹介しましたが、今では未経験者を歓迎しているゲーム業界の求人は多くあります。中には年齢不問で募集している求人もあるので30歳からのゲーム業界への転職は不可能ではないんですね。

現在、30代からのゲーム業界への転職を目指している方も多いと思います。

20代のように有利に就活を行う事はできませんが、諦めずにゲーム業界への就職を目指してほしいと思います。

今では就職や転職をサポートしてくれるエージェントも数多くあるので活用できるものはフル活用してゲーム業界への就職を成功させてほしいと思います。